優駿の門は感動系や熱血系のスポーツマンガやヒューマンドラマが好きな方にオススメの漫画です。

漫画ランキング 2位「優駿の門」

 

優駿の門
概要

やまさき拓味作

1995年~2000年まで週間少年チャンピョンで連載された競馬漫画で単行本は全33巻(完結)出ています。
1位で紹介したみどりのマキバオーや3位で紹介している風のシルフィードと同様に、
大手週間少年誌に掲載された競馬漫画として、知名度は高く、3大競馬漫画と評価される事も多い名作です。
続編として、優駿の門G1、優駿の門ーピエター優駿の門ーチャンプーや一部番外編がありますが、
現在は続編が続いているロングヒットシリーズです。
騎手を主人公としながらも、競走馬の魅力もしっかりと引き出している漫画です。

 

 

ストーリー、あらすじ

主人公の光優馬は元々は関東地方競馬の騎手。

調教師の捨造に10年に1人の天才だとスカウトされて騎手デビュー・地方競馬の実績馬で中央競馬に参戦する様子を
描かれています。
天才肌の主人公ならではの爽快感のある展開や、名脇役と言われる小林政宏調教助手のキャラクターなどが人気となっています。
地方馬初のクラシックホースになったアルフィーが、ダービーでは怪我による骨折。
その後安楽死という競馬界の残酷な一面まで、綺麗に描かれています。
続編のG1編では中央競馬の新人騎手、天馬駿が主人公。
3作目のビエタでは再び光優馬が主人公となり、それまで海外のトップジョッキーとして活躍していたが、
大物の騎乗依頼を断った事で競馬界を抹殺されて、日本競馬に戻ってくるというストーリーになっています。

 

 

見所、魅力

優秀の門の最大の魅力は、感動するストーリーという面です。人間と馬との信頼関係や、怪我に無く馬の無念さなどを、

競馬初心者の人でも分かりやすく、かつ感動的な内容に仕上げています。
数ある競馬漫画の中でも優駿の門は、熱血感動系の漫画となっていると言えます。
競馬のレースにおける騎手の判断や展開の重要性などが忠実に表現されていて、
競馬初心者から、既に競馬好きな玄人まで高い評価を得ている人気漫画シリーズとなっています。

 

 

>>ランキング1位はこちら