競馬予想のレベルUP、名馬名作漫画を知り知識を広げよう!

競馬漫画でわかる競馬知識

競馬は競馬法という法律により20歳未満の方は馬券を買う事はできません。

 

中央競馬のメインレースに関しては、毎週末15時~16時に地上波でテレビ生放送を昔から現在まで継続して放送されていますが、
競馬に興味の無い未成年が、テレビをきっかけに競馬を好きになる人はほとんどいないのが現状です。

 

しかし、それでも馬券を買えない未成年のうちから競馬の事を好きになるという人は多数います。

 

その最大の要因になっているのが、ゲーム漫画の影響です。

小学生以上を対象とした競馬のゲームや漫画はヒット商品も多く、競馬の入口はこうした子供の遊び道具からという人が多くいます。

 

今回は、競馬初心者にも魅力が伝わるゲームと漫画の中でも、
当サイトは漫画に注目して競馬ファンや競馬を始めたい方にお薦めの漫画を紹介します。

 

 

競馬は奥深さを漫画で楽しく理解できる

 

競馬は、順位を競うだけの単純なスポーツです。しかし人間と馬では勝手が大きく違い、
競馬では必ず実力があって強い馬が勝つとは限りません。

 

 

 

例えば人間の100m走の場合、同じメンバーで日を改めて10回勝負したとします。
この場合その中で1番足が速い人10回とも全て勝つ可能性が非常に高いと思います。
それに対して競馬の場合は同じ馬で競走を10回やっても、同じ馬が10回勝つことは難しく、
状況によっては10回とも全て違う馬が勝つといった可能性もあるスポーツです。


 

なぜ、こういった結果になるかというと、競走馬がレースで勝つ為には、様々な要因が噛み合う事が必要です。

 

一例を紹介すると

コース適正

芝質・砂質・距離・高低差・馬場状態などといった、レースごとに変わるコースへの適性

 

調教

それまでの稽古量や前走からの疲れの取れ方。馬体重の増減・体調管理等

 

騎手/展開

レースごとに違う展開に応じて、騎手がどのような作戦の中でいかに馬をコントロールして有利な展開に持ち込めるかなど

 

などがあります。

 

あくまでも一例ですが、さらに掘り下げると、コース適性には血統による遺伝などがあり、

  • 調教では、内容やタイム
  • 騎手や展開では脚質(逃げや差しなど)やレースのペース

などがポイントになってきます。

 

競馬初心者の人であれば、これだけの話を聞いただけで、難しい。覚える気がしない。と思ってしまいますよね。

 

しかし競馬漫画では初心者の人が読んでも分かりやすく理解できる構成になっていて、
自然と漫画を読むだけで競馬に必要な知識を身につける事ができます。

 

こうして漫画で競馬の知識を覚えて魅力を感じていくと、本物の競馬の事も自然と理解できるようになって、
魅力を感じるようになっていきます。

競馬漫画から繋がる予想方法

 

 

競馬にはドラマがある

競馬は興味無い人から見たら、番号を付けた馬の順位を予想して競争させているだけ。と思うかもしれません。
実際に競馬ゲームが好きな人の一部同様に強い馬を探していく。育てていく。などといった短調な競技と思っている人も多いです。

 

しかし競馬には、レースに至るまでに多くのドラマがあります。

 

高配合の血統馬として期待されたエリートや、競りで安く落札された期待が薄い馬などがいて、
それが2歳の夏~3歳の春頃にかけて順次デビューをしていきます。
そこまでには、調教師や騎手・オーナーやその周囲の関係者の人と多くのドラマがあります。

 

さらにデビュー後では、それぞれの競走馬で課題があったり、成長していく過程があり、
新馬戦から条件戦・オープン特別・重賞などと段階を踏んで、トップホースへと上り詰めていきます。

 

戦歴を重ねていくと、得意不得意が鮮明になったり、
人気に勝てない。この競馬場だけやこのレースだけは勝てない。
などといった苦手意識や、ライバル関係にある馬の登場など、さまざまなドラマがあります。

 

コアの競馬ファンの人であれば、競馬はギャンブルの面や順位あてのゲームというだけではなく、
それぞれの馬のドラマや真剣勝負を楽しんでいます。

 

競馬漫画ではこうした、本来は競馬マニアにならないと分からないようなドラマを初心者の人で、分かりやすく描いています。

競馬漫画で1番強い馬は?

 

この競馬知識を勉強するという理由で、競馬の中にあるドラマ性を感じる為にも勉強の入口として競馬漫画は非常にオススメです。